やさしい投資信託ガイドトップ>STAMインデックスでFづくり>各インデックスファンドの特徴

各インデックスファンドの特徴


 さっそくポートフォリオ構築例を見てもらいたいのですが、その前にインデックスファンドのポートフォリオ構築例を理解するにあたって、必要となる基礎知識を頭の中に入れておきましょう。

それぞれのインデックスファンドにはどのぐらいのリスクがあって、どのぐらいのリターンが見込めるのか、またはどんな特徴があるのか、、、など下地がない状態だとイメージがわきにくいと思いますからね☆


そこで、まずはそれぞれのインデックスファンドが持つ特徴から確認していきます。

STAMシリーズは全部で8種類あります。
それぞれのリスクと期待リターン、特性を把握しましょう(^^)/

  


・・・・とその前に、何度も前置きさせてしまってスイマセンが、各資産の持つ特性のおさらいをしておきましょう。詳しくは、株式と債券とREIT等の期待リターンです。


株式の期待リターンってどのぐらいか聞いたことありますか?

期待リターンというのは、「一年間運用したとしてどのぐらいのリターンが見込めるのか。」という意味のリターンです。

 年金積立金管理運用が毎年提出する資料の中で、業務概況書(20年度版 pdf)というのがあるのですが、そこに記載されているモデルで算出された国内株式の期待リターン(期待収益率)は4.8%となっていました。

       

各資産  :期待リターン%(リスク%)
国内債券:3.0%(5.42%)
国内株式:4.8%(22.27%)
外国債券:3.5%(14.05%)
外国株式:5.0%(20.45%)
短期資産:2.0%(3.63%)



 もっともリターンが見込めると考えられるのは外国株式で、期待リターン5%とあります。続いて、国内株式4.8%外国債券3.5%国内債券3.0%短期資産が2.0%という順位になっています。

一般に株式はハイリスク・ハイリターンの金融商品、債券はローリスク・ローリターンの金融商品と呼ばれていますね、整理しておきましょう。

※リスクとは基準価格の変動のブレ幅を言います。 ブレ幅が大きければ大きいほど、リスクの数値は高くなります。




続いて残りの資産の期待リターンとリスクを確認しましょう。
野村証券が出している資料(リスクバジェッティングとオルタナティブ投資の実践pdf)から期待リターンをみつけました。年代が2005年と若干古いのが気になりますが、これを利用してイメージをつかみます。

  各資産 :期待リターン%(リスク%)
国内REIT :6.82%(13.6%)
外国REIT :5.72%(11.41%)
新興国株式:11.84%(23.63%)
新興国債券:7.94%(15.85%)


 最も高いリターンは新興国株式の11.84%です。新興国株式市場の株価の乱高下の激しさは、「一年で2倍上昇は当たり前、だが一年で3分の1になるのも当たり前w」、といった超ハイリスク・ハイリターンな金融資産ですからね。不動産REITはミドルリスク・ミドルリターンの代表資産ってこともあり、リスクもリターンも安定しています。






以上の金融資産の期待リターンとリスクを表にしてまとめてみました。
他の金融資産と見比べることによって特徴は掴みやすくなると思います♪

   

(特徴)
・新興国株式がもっともリスクが高く、もっとも期待リターンが見込める。
・最もリスクが小さいのは国内債券だがリターンももっとも小さい。
・新興国債券のリターンが国内株式・外国株式より高いのはデフォルトリスク(破産)があるため。
・国内債券と外国債券のリターンはあまり変わらないが、リスクが大きく違っているのは外国債券には為替リスクがあるため。


(要注目!!)
・国内株式と外国株式のリスクと新興国株式のリスクはあまり変わらないが、リターンは二倍以上の開きがある点。
・国内REITと外国REITの両方に比べて、国内株式と外国株式はリターンが小さい点。(データの取り方にもよるが本来は株式の方がリターンは大きいと考えられている。)



 大まかな特徴は掴めたかと思います。大きく掴むべきポイントとして、
ハイリスク・ハイリターンは株式ミドルリスク・ミドルリターンはREITローリスク・ローリターンが債券と理解しておけばいいでしょう。
(上の表をみると若干、矛盾点が生じている部分もあります、要注目としてあげておきました。)


それでは各金融資産のリスク・リターンの特徴を掴んだところで、続いては各STAMインデックスシリーズのファンドをさらっと見ていきましょう(^^)/



はじめにやさしい投資信託ガイドトップ各インデックスファンドの特徴2

ページ上へ

Copyright(C)2008 PEPE All Rights Reserved