やさしい投資信託ガイドトップ>新興国投資に挑戦中!>STAMで新興国投資実践中!

STAMで新興国投資実践中!


【STAMで新興国投資実践中!とは?】
 本格的に新興国への分散投資の必要性を感じたため、STAM新興国株式インデックスオープンSTAM新興国債券インデックスオープンを利用して、積立投資を実践していきます。このページではその投資記録をつづっていきます(^^)/

【留意点:最新(2011/11/4)】
今後の投資方針:欧州の混乱が新興国経済を一時的に押し下げると考えてます。海運業の業績を見ると、アジア発欧米向けの本数・運賃がともに下落しており、輸出が一時的に減速するでしょう。景気指標の数値で確認できる前に株価は下落に転じると見込まれるので、そこを拾えればいいかな、、、、と考えてます。


STAM新興国債券インデックスオープンは投資対象から外しました。金利と為替の影響を考えて、為替差損対策の一貫です。(2010/10/4)


運用記録ページ:STAM新興国投資記録
参考ブログ:2010年7月15日の日記2010年7月18日の日記



【投資の目的】
・新興国へ投資していない場合のリスクを強く感じるようになったため。
・新興国への投資比率を大きく引き上げ、バランスの良いポートフォリオとするため。


※自分の中にある「新興国=リターンの大きい投資」というイメージを薄める必要性を感じています。中国やブラジルの台頭、世界経済の流れを考えると投資していないリスクは大きいと感じます。ただし、買い時だけは誤ってはいけないとも思います。



【投資対象と投資比率と投資期間】
まず投資対象については、以下の1つとしています。
@STAM新興国株式インデックスオープン

投資期間は基本的には10年であるが、相場の動向に応じて早まるor遅くなる場合が考えられます。
バブルが早く到来したら売るであろう、逆にバブルがこなかったら売らないでしょう、、、そんな感じ(^^)


ぽーとふぉりおりろんver.1.0では以下のような投資回収を見込んでいます。、
(投資金額ははじめは1万円から開始!)

    

グラフにするとこんな感じ↓?

    



【投資方法】
基本的ルールは頃合いを見て積立投資。(ドルコスト平均法のようなイメージ)
ただ暴落時は管理人の判断で臨機応変に買い付けていく。(安いと感じたらたくさん買うスタイル。)



【投資額について】
 ブラジル投資を実践していた頃は、新興国投資に関しては総資産の10%までとしていましたが、近年の世界経済の情勢を見るに、投資していないリスクの方が大きくなると見込み、総資産の40%まで(新興国への投資総額:ベトナム+ブラジル+新興国他を含みます)可能とすることにしました。

投資配分:総資産の10%まで⇒総資産の40%まで


【使用証券会社】
マネックス証券
※1000円単位で買い付けていけるのでマネックス証券を使用。



≪│やさしい投資信託ガイドトップSTAM新興国投資記録

ページ上へ

Copyright(C)2008 PEPE All Rights Reserved